toggle
2020-01-10

絵ができる裏側 / チョウチョとネコと大きな帽子のガール

この作品は2017年11月の個展に向けて、描いた作品です。

とても気に入っていたので

翌年1月の台湾での企画展に出品しました。

描いていたのは秋頃ですが

真夏のような大きなツバの白い帽子の女の子のイメージが湧きました。

私は白いキャンバスの前で

じっと何かが湧いてくるのを待ってる事がよくあります。

ピンクの長めの髪

白い帽子によく合うワンピース

女の子の眼はキリッとしていて

意思を感じる顔つき。

私の好きな感じです。

 

ちょっと洋猫のような白い猫。

女の子にはなんとなく猫が欠かせないイメージなんです。

この子のイメージが出来ると

すでにバックの色の紫が浮かび上がって

この紫!と決まっています。

イメージの中にある紫になるよう絵の具をあれこれ混ぜ合わせます。

 

そしてチョウチョと黒猫

私の絵は、余りバックに風景などを入れることがありません。

そうしようと強く思っているわけではないけれど

どうしても風景は湧いてこなくて

ちょっと装飾的なモノを散らすのが大好きです。

ちょっと暗く沈んだ紫の中に楽しく舞うチョウチョ

女の子が楽しく生き生きしてくるようです。

 

黒猫は、影のよう。この子もなくてはならない猫ちゃん。

ただ楽しいだけじゃない不思議でちょっと怖いような。

光と影は一対になっていてバランスが取れるんです。

 

この絵が出来上がる前から

とてもお気に入りの絵になる事が分かっていた絵です。

 

 

♡スマホでご覧の方

イッチバン下までスクロールするとGalleryが出てきます。

もっとじっくり見て頂けます。

ご購入も可能です♡

 

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください